Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/blue-puddle/www/product/wordpress/wp-includes/pomo/plural-forms.php on line 210

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/blue-puddle/www/product/wordpress/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 844
CODE COFFEE | 変なプロダクト

PRODUCT 007

CODE COFFEE

プログラム言語のコーヒー

販売中
/

[ CODE COFFE ] Planner Neji Sato / Designer Neji Sato, Aketara Sirome / This is commercialized.
It is a coffee with the name of the program language. Extract features of various languages ​​and blend coffee.For example, in the C language that is the source of the program, I made a blend of Brazil / Colombia which is the origin of coffee. Since Swift coffee is an Apple-made language, it makes coffee of apple flavor.
We carefully implemented (blended) the main 8 programming languages.
Under the supervision of multiple engineers, I made coffee in 8 different languages. We use crowdfunding to sell all in quantity limited. Please try your favorite language.In addition, we repeatedly tried and modified the coffee defined by reason.The tasting party is just a debugging party. Engineers, this coffee is not like this language. While talking with each other quietly, I debuted (tasting). For example, the coffee with its unique high taste that was set in Python is set as Go language with a crane's voice saying "No, it's Go" when drunk by an engineer.Finally, it settled down where everybody was convinced.

Taste feedback on GitHub (Git Hub)!
Engineers have love in the language, so surely this taste is not JS. I think that dissatisfaction comes out as well. Such objection is greatly appreciated. So I thought he was an engineer and Github was prepared. I think that you can discuss here!

販売中

言語の特長に合わせて、コーヒーをブレンドしました

http://codecoffee.blue-puddle.com/

CODE COFFEはプログラム言語の名前を冠したコーヒー。各種言語の特長を抽出し、コーヒーをブレンドしています。

例えば、プログラムの源流となるC言語には、コーヒーの源流であるブラジル・コロンビアのブレンドを作ったり。Swiftコーヒーは、Apple製の言語であることから、りんごフレーバーのコーヒーにしたり。

主要な8種類のプログラム言語を丁寧に実装(ブレンド)しました。

8種類の言語に対応しました

複数のエンジニア監修のもと、8種類の言語で、コーヒーを作りました。クラウドファンディングを利用して、すべて数量限定で販売しております。ごひいきの言語を、ぜひお試しください。

コードコーヒーの試飲会(デバッグ)

理屈で定義したコーヒーを、何度も試飲して、修正していきました。

試飲会は、まさにデバッグ会。エンジニアたちが、このコーヒーはこの言語っぽくない。と喧々諤々と話し合いながら、デバック(試飲)していきました。例えば、Pythonに設定していた独自性の高い味のコーヒーは、エンジニアが飲んだときに「いや、これGoっぽい」という鶴の一声で、Go言語に設定されるなど。

最終的に、わりとみんなが納得するところに落ち着きました。

6 all_member

味のフィードバックはGitHub(ギットハブ)で

エンジニアのみなさんは、言語に愛があるので、きっとこの味は、JSじゃない。などの、不満も出るかと思います。そんな異論は大歓迎です。そこで、エンジニアらしく、Githubも用意しておきました。こちらで、議論して頂ければと思います!

CODE COFFEE リポジトリ https://github.com/Blue-Puddle-Inc/CODE-COFFEE/

github

クラウドファンディングで目標大幅に達成

makuakeで公開したところ、初日で目標額は達成。公開5日目時のスクリーンショットですが、どんどん支援者が伸びています。

https://www.makuake.com/project/code-coffee/

makuake
OTHER PRODUCTS

PRODUCT 019

ボタニカルコード

ごちゃごちゃ配線が、観葉植物に

非売品

PRODUCT 018

時計帽子

よく見ると、時計になっている帽子

非売品

PRODUCT 017

自撮り刀

日本刀デザインの自撮り棒

非売品

PRODUCT 016

引き抜きジェンガ

欲しい人材を引き抜く、リクルート玩具

非売品

PRODUCT 015

生首ハンコ

名前のわかる生首

非売品

PRODUCT 014

夕日ライト

日没とともに沈んでいくライト

非売品

PRODUCT 013

人間すべり台

パパを滑り台にする

非売品

PRODUCT 012

アームバスケ

バスケットゴールマン

非売品

PRODUCT 011

親子鉄棒

パパママを鉄棒にする

非売品

PRODUCT 010

人間ダーツ

パパをダーツにする

非売品

PRODUCT 009

親子ブランコ

パパママをブランコにする

非売品

PRODUCT 008

玉入れ帽子

パパを玉入れにする

非売品

PRODUCT 006

CODE GLASS

コーヒーを注ぐとコードエディタが完成

非売品

PRODUCT 005

本能寺ストーブ

信長の最期を描く、哀しきストーブ

非売品

PRODUCT 004

ブラック企業リバーシ

働き方改革ゲーム

非売品

PRODUCT 003

はしお木

箸を置くと、木になる箸置き

非売品

PRODUCT 002

涅槃コンパス

お釈迦様が北を向き続けるコンパス

非売品

PRODUCT 001

ZIPファイル凧揚げ

クラウド(空)へ、ZIPファイル凧をアップロード

非売品